風鎮太鼓

 天正年間から雨乞い太鼓として継承されてきたものを、昭和53年に新しいリズムが加えられて風鎮太鼓保存会が結成され、今日まで保存継承されています。

荘厳にして勇壮活発な独特の風格を備えた太鼓として人気。高森風鎮祭のオープニングの出演や高森阿蘇神社での祈願祭での奉納、「新酒とふるさとの味まつり」「阿蘇の火まつり」「熊本お城まつり」など、県内外はもとより海外公演にも招かれる実績も残しています。