うそぐいの滝

 昔から幻の滝があるといううわさはあったものの、3~4年前、道が切り開かれるまでは、地元の人でもこの滝に足を踏み入れることはできませんでした。この幻の滝「うそぐいの滝」は、高森町津留地区の大野川の上流、山部深い場所にあります。市街地から車で50分ほど走ると、滝への下り口の駐車場に到着。森林の中を抜け、急斜面となって、ロープにつかまり、はしごを下るなどの難所を過ぎ、約30分ほどで滝に到着します。

 最高落差30メートル。断崖を水しぶきをあげながら勢いよく落ちる様は圧巻です。この滝の水のすべてが伏流水(湧き水)であることが名瀑と言われるゆえん。年中、水量が変わらないことも魅力の一つです。ただし、豪雨の影響もあり滝への道は大変危険なので現在ご案内は行っておりません。

詳しい情報

高森町観光協会 tel;0967-62-2233